一戸建て住宅を選ぼう

家を購入するときにまず新築一戸建てをイメージする人も多いでしょう。しかし、今回選択肢の一つに入れていただきたいのが中古一戸建て住宅という選択です。新築で探してみたものの場所や広さなど満足な物件が見つからず、中古住宅を視野に入れた途端に、理想の物件がすぐに見つかったなんてケースは珍しくありません。いつかは自分でマイホームを建てたいと考えている人もいるでしょう。しかし、その夢も中古住宅をリノベーションすることでも叶えることができます。

新築には新しい住宅のオーナーになるという満足感があります。誰も使っていないまっさらな家に憧れを持つ人も多いでしょう。分譲住宅でも家が完成して初めてのオーナーになるという充足感を得ることができます。また、間取りや空間をある程度自由に選べること、家庭用蓄電池や太陽光発電など新しい設備を取り入れやすいこともメリットです。しかし、居室内の新しさはリノベーションでも確保できます。制限や費用の問題もありますが、新しい設備を後付けしてもいいでしょう。

中古住宅市場が発展した欧米では中古住宅をリフォームしたり、自分で補修したりしながら暮らしていくのが一般的なスタイルです。日本においてもリフォームやリノベーションに対して補助金が出たり、所得税や固定資産税が優遇されたりと中古住宅取得をサポートする取り組みが始まっています。中古住宅を選ぶメリットや物件を選定するときのポイントをまとめました。


▽ 当サイト関連お役立ちリンク ▽
新築や中古に限らず、戸建てに住むことに憧れている人は多いでしょう。戸建て購入を検討中の人に役立つサイトを紹介します >> 戸建て

Copyright © 知っておきたい中古一戸建て住宅を選ぶポイント, All rights reserved.