住宅購入にかかる費用

新築、中古に関係なく住宅を購入するとさまざまな費用が掛かります。中古一戸建て住宅を購入してリフォーム、リノベーションする場合にかかるのは、物件購入費とリフォーム、リノベーション費用、そしてそれぞれの諸費用です。まずは物件購入にかかる諸費用からみていきます。

物件購入にかかる費用としては、個人が売り主のものでは仲介手数料が必要です。この上限は売買代金の3%+6万円に消費税を足したもの。さらに、所有権移転登記費用も十数万円から数十万円かかります。印紙税のほか、固定資産税、管理費等は引き渡し日を基準にして日割りで精算することになるでしょう。リノベーションも費用に応じて印紙税がかかります。

住宅購入にあたって住宅ローンを組む場合は、それにも印紙税などの諸費用が発生します。契約に関する融資手数料や抵当権設定の登記費用、ローン保証料もかかるでしょう。また、住宅ローンの借り入れにあたって、多くの人は団体信用生命保険や火災保険に加入することになるでしょう。上記の費用に加えてカーテンや照明の買い替え費用、引っ越し費用などもかかります。一戸建て住宅を購入するときにはこれらの付随費用がかかることも念頭に置いておきましょう。

Copyright © 知っておきたい中古一戸建て住宅を選ぶポイント, All rights reserved.