個人から物件を買う

中古一戸建て住宅の大きさや間取りは千差万別です。建売の新築一戸建て住宅の場合は売りやすさを重要視して建てるため、誰にでも合うような設備や間取りとなることが多いでしょう。一方で売りに出されている中古一戸建て住宅の場合、特に注文住宅は売り主の趣味や家族構成が反映されているものもたくさんあります。それぞれ築年数や仕様、設備にも違いがあるでしょう。

中古一戸建て住宅の売り主の多くは個人です。ただし、比較的少なくはありますが、不動産会社が買い取って再販しているというケースもあるでしょう。中古一戸建て住宅を購入するときには、その人がどのように考えて家を建てたのか、どうして売却を考えたのかを尋ねてみてください。その物件のこだわりのポイントやおすすめの過ごし方などがわかることもあります。

物件見学の時にはまだ売り主が居住していることもあります。居住中の物件を見学するときは遠慮がちになってしまいがちです。しかし、人生を左右するほどの大きな買い物です。遠慮することなく隅々までチェックしておくようにおすすめします。日当たりの変化をみるために時間を変えて複数回見学するなど、慎重に確認しておくようにしましょう。

Copyright © 知っておきたい中古一戸建て住宅を選ぶポイント, All rights reserved.