物件購入の流れ

インターネットで手軽に中古一戸建て住宅の情報を集めることができるようになりました。しかし、良い条件の物件は申し込みが殺到してインターネットまで情報が出回らないこともあるでしょう。中古物件を探すときにはまずは不動産会社に相談しておくようにおすすめします。

不動産会社では希望する物件の情報を伝えておきます。すると希望に添った物件を探してもらうことができます。また、良い物件が出たという情報も受け取ることができるでしょう。

気になる物件を見つけると次に物件見学のステップに進みます。不動産会社を通じて売り主に連絡を取って予約することになるでしょう。複数回見学して気に入れば購入申し込みをしてください。その後、売り主と費用面や引き渡し時期などを交渉することになります。

売り主との折り合いがついて売買契約に進む前に、必ず重要事項の説明を受けてください。物件の詳細や取引の条件が説明されるため聞き逃すことがないようにしましょう。瑕疵担保責任など、補償の取り決めもあるため事前にコピーを受け取って家族で確認するようおすすめします。売買契約をしたら手付金と不動産会社への仲介手数料を支払います。その後残代金の支払いや引き渡しとなります。住宅ローンを組むときには物件選定と同時並行で住宅ローンも決めておきましょう。

Copyright © 知っておきたい中古一戸建て住宅を選ぶポイント, All rights reserved.