万が一を考える

中古一戸建て住宅を選ぶためにはセキュリティもチェックします。防犯設備が付いているかどうかを確認しておきましょう。付いてない場合は窓や玄関などに後付けすることもできます。住宅を買うときには物件だけでなく、周囲の環境を含めてチェックが必要になります。

例えば、繁華街近くの物件などは治安面で心配に感じるかもしれません。住宅が密集したエリアだと近隣が火災になった時に燃え移ってくることがあります。近隣との距離が少ない物件や、消防車が入るスペースがない物件は注意が必要でしょう。

住宅を購入するときに耐震性を重視する人も増えています。1981年6月1日以降に建てられた物件の場合は、新耐震基準で建てられているため安心というように今まで言われてきました。しかし、実際には新耐震基準を満たしたものでも十分な耐震性がないこともあります。2000年に建築基準法が改正された後に建てられた物件であれば、ある程度の耐震性が確保されていると考えられるでしょう。

安心して長く住むためには備えが肝心です。防犯設備を設置したり、耐震診断や耐震改修を受けたりすることも物件を選ぶ時点で検討しておきましょう。また物件購入の予算にこれらの費用を組み込んでおくようにしてください。

Copyright © 知っておきたい中古一戸建て住宅を選ぶポイント, All rights reserved.